鼠径ヘルニアQ&A

鼠径ヘルニア(脱腸)は、どんな人がなりやすいですか?

この記事では、Gi外科クリニックを受診した患者さんからのご質問、ホームページやインターネット上でいただいた鼠径ヘルニアに関するご質問についてお答えをさせていただきます。

今回のテーマは、「鼠径ヘルニア(脱腸)は、どんな人がなりやすいですか?」です。

Q.鼠径ヘルニア(脱腸)は、どんな人がなりやすいですか?

A.鼠径ヘルニアの原因は特定できていません。

職業的、生活習慣的には、力仕事の方、腹圧がかかるお仕事の方、便秘気味の方などなど、お腹に力が加わる方に多い傾向にあるとの報告はあります。 しかし、最大の原因は加齢にあると言われています。

Gi外科クリニックで手術をさせて頂いた患者さんのデータを分析しますと、職業での差は認めません。
そもそも、鼠径ヘルニアは、人間が二足歩行になったために生じた病気と言われています。 つまり、二足歩行になったために、内臓の重量が全て下腹部にかかってきます。

そこで一番弱い鼠径部が、加齢とともに弱くなり、一定の圧力を支えきれなくなった場合に、筋肉の隙間から内臓(多くは腸)が飛び出してくるために発症してしまいます。

人間が進化し、二足歩行になった以上、避けては通れない病気とも言えます。 治療は手術しかありません。経過観察やお薬の治療では対応できない病気です。

Gi外科クリニックへご相談ください

Gi外科クリニックでは、岡山院、京都院、阪神院で中四国、関西を中心に鼠径ヘルニアの患者さんを治療しています。

鼠径ヘルニアの症状がある方はお気軽に受診ください。 また受診はためらうけど症状が気になる方のための無料相談窓口も設けています。無料相談窓口では、鼠径ヘルニアに詳しい当院の看護師がご対応致します。

気になることがございましたら、お気軽に受診のご予約もしくは無料相談窓口までご相談ください。

※京都院は2022年3月、阪神院は2022年6月の開院予定です。(岡山院は診療中です)

tel_yoyaku-phone
tel_soudan-phone

関連記事

TOP