当院について医師紹介

Gi外科クリニックに所属する
医師を紹介します。

  • Gi外科クリニック理事長・医師

    池田 義博Ikeda Yoshihiro

    所属クリニック

    略歴

    昭和47年
    香川県生まれ
    平成10年3月
    高知医科大学 医学部 卒業
    平成10年4月
    岡山大学医学部第一外科学教室
    平成10年11月
    倉敷成人病センター 外科
    平成13年11月
    香川労災病院 外科
    平成15年5月
    広島市民病院 外科
    平成16年4月
    岡山大学医歯学総合研究科消化器腫瘍外科大学院
    平成18年9月
    三原赤十字病院 外科
    平成21年4月
    倉敷成人病センター 外科
    平成27年4月
    岡山そけいヘルニア日帰り手術 Gi外科クリニック 開院
    平成30年4月
    岡山大学病院 消化管外科非常勤講師 ヘルニア外来担当

    資格

    • 医学博士
    • 日本外科学会専門医
    • 日本消化器外科学会認定医
    • 日本ヘルニア学会評議員
    • 中国四国ヘルニア手術手技研究会世話人

    所属学会

    • 日本外科学会
    • 日本消化器外科学会
    • 日本臨床外科学会
    • 日本ヘルニア学会
    • 日本内視鏡外科学会
    • 日本大腸肛門病学会
    • 日本肺癌学会
    • 日本短期滞在外科手術研究会
    • 中国四国ヘルニア手術手技研究会
    • 日本腹腔鏡下ヘルニア手術手技研究会
  • 阪神院院長・医師

    久保田 暢人Nobuhito Kubota

    これまで消化器外科医として、消化器がんなどの悪性疾患を始め、鼠径ヘルニアや胆石症などの良性疾患、虫垂炎や腹膜炎などの救急疾患に対して、手術を中心とした診療を行って参りました。

    鼠径ヘルニアは良性疾患ですが、ふくらみ・違和感・痛みなどの症状によって患者さまの日常生活を大きく妨げることがあります。また、時に「嵌頓」から腸管壊死・腹膜炎を発症して重症化することもあるため、注意が必要です。
    鼠径ヘルニアは手術でしか治すことができません。

    当院で採用している「SILS-TEP法」は、単一の小さな傷で行う「日帰り腹腔鏡手術」です。確立された麻酔法(全身麻酔+膨潤麻酔)や疼痛コントロールを併用することにより、患者さまの術後の痛みや身体的負担を軽減し、日常生活への早期復帰が期待できます。

    「一期一会」の精神のもと、安心・安全かつ確実な鼠経ヘルニア治療を提供し、患者様に満足して頂けるよう、スタッフ一同、努めて参ります。どうぞよろしくお願いします。

    所属クリニック

    略歴

    大阪府出身
    平成16年3月
    岡山大学医学部医学科 卒業
    平成17年4月
    津山中央病院 初期臨床研修医
    平成19年4月
    尾道市民病院 外科
    平成23年4月
    岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 消化器外科学
    平成26年4月
    神戸赤十字病院 外科
    令和3年10月
    寺田病院 外科・胃腸科
    令和4年10月
    阪神そけいヘルニア日帰り手術Gi外科クリニック

    資格

    • 医学博士
    • 日本外科学会 外科専門医
    • 日本消化器外科学会 消化器外科専門医・指導医
    • 日本消化器外科学会 消化器がん外科治療認定医
    • 日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
    • がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会 修了
    • 内痔核治療法研究会 四段階注射法講習会 修了
    • 日本静脈経腸栄養学会TNT研修会 修了

    所属学会

    • 日本外科学会
    • 日本消化器外科学会
    • 日本内視鏡外科学会
    • 日本ヘルニア学会
    • 日本臨床外科学会
  • 京都院院長・医師

    藤木 和也Fujiki Kazuya

    私はこれまで、総合病院の一人の外科医として、胃がんや大腸がんなどの悪性疾患や、消化管穿孔や腸閉塞などの緊急疾患、胆石症や鼠径ヘルニアなどの良性疾患まで、幅広く診療を行ってきました。

    そこでは、幅広い疾患に対し、一定水準以上の医療を提供してきたという自負はありますが、一方で、医療における「なんでも、まんべんなく」は、個々の患者さんにとっては最善の医療ではないのではないかとの想いを抱くようになりました。

    鼠径ヘルニアは、消化器外科医が扱う疾患のなかで最多であることもあり、総合病院の外科医が、悪性疾患の診療の片手間に治療にあたるケースが多くみられます。また、良性疾患ということもあり、若い外科医の修練の対象となっているのが現状です。

    当院は「なんでも、まんべんなく」ではなく、「鼠径ヘルニアに特化した」医師が治療をおこなうクリニックです。体へのダメージや再発が非常に少ない、単孔式腹腔鏡下鼠径ヘルニア修復術(SILS-TEP法)を日帰りで提供しています。他院での治療後に残念ながら再発してしまった方や前立腺手術後に発症してしまった方など、鼠径ヘルニア手術が困難と言われてしまう患者さんも数多く受け入れております。

    鼠径ヘルニアで困っている患者さんが、これ以上、足の付け根の膨らみを気にしながら生活をしなくてもいいように、スタッフ一同、全力で治療させていただきます。
    どうぞよろしくお願いします

    所属クリニック

    略歴

    徳島県出身
    平成26年3月
    島根大学医学部医学科 卒業
    平成26年4月
    社会福祉法人仁生社江戸川病院 初期臨床研修
    平成28年4月
    徳島県立中央病院 外科
    令和2年4月
    社会医療法人愛仁会明石医療センター 外科
    令和5年4月
    阪神そけいヘルニア日帰り手術Gi外科クリニック

    資格

    • 日本外科学会 外科専門医
    • 日本消化器外科学会 消化器外科専門医
    • 日本消化器外科学会 消化器がん外科治療認定医
    • 日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
    • がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会 修了
    • 日本静脈経腸栄養学会TNT研修会 修了

    所属学会

    • 日本外科学会
    • 日本消化器外科学会
    • 日本内視鏡外科学会
    • 日本ヘルニア学会
  • 医師

    遠藤 彰Endo Akira

    2023年4月1日から勤務しています遠藤彰です。平成2年関西医科大学を卒業し岡山大学医学部第一外科に入局しました。以後33年間主に市中病院で勤務してきました。その間、問診から上部下部内視鏡検査などの検査、診断、内視鏡治療、手術、抗がん治療、訪問診療、緩和医療と数々の場面で患者さんを診させていただきました。

    この30年間でそけいヘルニアの手術は、自家組織による修復法から痛みの少ないtension free修復法となり、そして再発率の少ない腹腔鏡下手術へと発展(進化)してきています。

    ヘルニアは良性の病気ですが、外科的手術のみが治療となる疾患です。手術となると不安を感じる方が多くいらっしゃいます。今までの経験をふまえて、患者さんに向き合い納得安心して治療を受けられるようお手伝いをしたいと考えています。

    所属クリニック

    略歴

    昭和37年
    岡山県生まれ
    平成2年3月
    関西医科大学卒業
    平成2年4月
    岡山大学医学部第一外科教室
    平成2年8月
    姫路赤十字病院外科
    平成4年8月
    愛宕病院外科
    平成6年8月
    西条済生会病院外科
    平成8年8月
    岡山大学医学部第一外科教室研究員
    平成11年4月
    寺田病院外科
    平成26年4月
    萱島生野病院外科
    令和元年6月
    寝屋川生野病院外科
    令和5年4月
    Gi外科クリニック

    資格

    • 医学博士
    • 日本外科学会専門医
    • 麻酔科標榜医
    • 日本がん治療認定機構認定医
    • 内痔核治療法研究会四段階注射法講習会 終了
    • 厚生労働省緩和ケア研修会 終了
    • TNT研修会終了
    • 認知症サポート医
    • ICD認定医
    • マンモグラフィー読影医

    所属学会

    • 日本外科学会
    • 日本消化器外科学会
    • 日本内視鏡外科学会
    • 日本臨床外科学会
    • 日本大腸肛門病学会
    • 日本緩和医療学会
    • 日本感染症学会