一般的に “脱腸”と呼ばれるそけいヘルニアという病気は、年間40万人以上の患者さんがかかる病気といわれています。しかし、実際に手術を受けている患者さんは12万人です。つまり、多くの方がそけいヘルニアを発症しながら、放置して生活を送っているということです。

そけいヘルニアは、症状である足の付け根のふくらみを押せば元に戻ることや日常生活に支障が少ない良性の病気であることから、軽視されがちな病気です。 ただし、症状に気づきながら放置をしていると、脱出した腸がもとに戻らなくなる“嵌頓(かんとん)”に陥り、危険な状態となります。この嵌頓という状態になると、腸は脱出口で締め付けられ血流が途絶え、重篤な状態まで進行して命に危険が及びます。

そけいヘルニアは、“たかが脱腸”と思われがちですが、正しい知識を知ると怖い病気です。

そけいヘルニアを正しく理解するための内容をご紹介します。


<そけいヘルニアの関連ページ>

※クリック・タップすると詳細ページへ移動します。

PAGE TOP