当院で手術を受けた患者さんへ

当院では、下記の臨床研究を実施しております。

臨床研究とは、病気の予防・診断・治療方法の改善や病気の原因の解明、患者さんの生活の質(QOL)の向上や健康の増進を目的に、人を対象として行われる医学研究のことです。
この研究は、過去に行った手術データを用いて行います。

そして、この研究ですが、厚生労働省・文部科学省の「人を対象とする医学系研究に関する倫理指針」(平成26年文部科学省・厚生労働省告示第3号)の規定により、研究内容の情報を公開することが必要とされております。

研究に使用する情報からは、お名前、住所など、個人を特定する情報は削除します。また、研究成果は学会や雑誌等で発表されますが、その際も個人を特定する情報は公表しません。

ご自身の診療データを利用することをご了解いただけない場合や、お問い合わせなどがありましたら、お手数ですが末尾に記載されている連絡先へご連絡ください。
ご協力いただけない場合でも、患者さんが不利益を受けることはありませんので、ご安心ください。

研究機関名 ・岡山そけいヘルニア日帰り手術 Gi外科クリニック
・大阪労災病院 外科
研究課題名 Single-incision laparoscopic totally extraperitoneal inguinal hernia repair with tumescent local anesthesia: More than 2000 procedures at a day-surgery clinic
所属科 大阪労災病院 外科
研究責任者若杉 正樹
研究実施期間開始 2015年4月1日~
終了 2020年3月31日
対象疾患(予定症例数)上記期間にGi外科クリニックで単孔式TEP法による鼠径ヘルニアの手術を施行された患者さん
研究対象となる治療・
手術・検査の時期
自 2015年4月1日~
至 2020年3月31日
研究概要当院で日帰り単孔式TEP法を施行された症例の手術成績をカルテ情報から後方視的に検討しました。
倫理的配慮・個人情報の保護の方法について本研究で対象とする情報は,日常診療上で得られるものであり,施設の規定に則り適切に保管・廃棄を行う。得られた手術成績に連結不可能匿名化を行い、データ解析を行いました。学会や論文等で研究成果を発表する場合には個人を特定できる情報を明らかにすることは決して行いません。
研究の問い合わせ先池田義博 Gi外科クリニック
若杉正樹 大阪労災病院 外科
PAGE TOP