近年、手術や麻酔方法、医薬・医療機器の目覚ましい進歩により、当日に来院し、手術を受け、その日に帰宅できる文字通り「日帰り」の手術が可能になってきました。
もちろん、すべての患者さんが日帰り手術の対象になるとは限りませんが、アメリカではすべての手術の約7割が日帰りで行われています。

この日帰り手術の特徴やメリットについてご紹介します。


そけいヘルニアを日帰り手術で治療することのメリット

まずそけいヘルニアを日帰り手術で治療することのメリットをご紹介します。
このメリットについては全ての患者さんに当てはまるではありませんが、Gi外科クリニックに来院されて治療された患者さんの意見を中心にまとめた内容です。


日常生活のリズムの中で手術を受けらます

そけいヘルニアの日帰り手術は、手術日が決められているので入院待ちがなく、日常生活の計画が立てやすくなります。拘束時間を大幅に短縮できます。

入院のわずらわしさがありません

入院に備えて様々な段取りをする、 必要物品を準備するなどのわずらわしさがありません。日帰り手術の場合、付き添い、洗濯物といったご家族の負担も最小限で済みます。

医療費が安くなります

入院して手術した場合の医療費の多くを占める入院費が必要ありません。そのため約2~5割医療費の削減が可能です。

身体への負担が少なくなります

そけいヘルニアの日帰り手術では、手術・麻酔方法の進歩により身体への負担軽く、患者さんにやさしい手術が可能になってきました。状態によりますが、手術によっては翌日から職場復帰、通学・家事なども可能になります。

精神的負担が少なくなります

入院に際し必要であった仕事や家事の段取りを整える、子供の世話を誰かに頼む等の煩わしさがありません。また家族と離れる期間がありませんので、精神的な負担が少なくてすみます。


そけいヘルニアの日帰り手術での治療が推奨される方

Gi外科クリニックでは、より安全で再発や身体へのダメージの非常に少ない術式“単孔式腹腔鏡下ヘルニア根治術(SILS-TEP法)”を提供しています。

続いて、そけいヘルニアを日帰り手術で治療することでのメリットが大きいと思われる方についてご紹介します。下記にまとめる方についてはメリットが大きいと想定され、そけいヘルニアを日帰り手術で治療することを推奨します。


そけいヘルニアの日帰り手術のメリットが大きいと思われる方

①仕事が忙しく休みが取りづらい方
②育児・介護が忙しくなかなか家を空けられない方
③自営業の方
④ご家族に負担をかけられない方
⑤普段通りの生活の中で治療したい方
⑥周囲の方に入院を知られたくない方

一方で鼠径ヘルニアの日帰り手術が向かない方もおられます。そのような方についてもご紹介します。

そけいヘルニアの日帰り手術の対象になりにくい方

①持病に重度の糖尿病・心臓病等がある方
※加療中であり安定している方の場合は、術前検査の結果次第で日帰り手術も可能です。

②入院加療を希望される方
※Gi外科クリニックには連携病院がありますので、入院加療を希望される方はご相談の上、手術可能です。

なお、手術はもちろん安全第一ですので、必ずしも患者さん全員が日帰り手術の対象になるとは限りません。患者さんの状態によっては短期入院手術(1泊)となる場合もございますのでご了承下さい。
その場合は当院が責任を持って近くの関連病院をご紹介させていただきます。


<Gi外科クリニックを受診する患者さんへの関連ページ>

※クリック・タップすると詳細ページへ移動します。

PAGE TOP