ブログ

鼠径ヘルニア

鼠径ヘルニア治療と経済的負担、日本の制度で安心

こんにちは!
鼠径(そけい)ヘルニア専門クリニック「Gi外科クリニック」です。

当院では日々、鼠径ヘルニア(脱腸)の日帰り手術を行っています。
男性の3人に1人は一生涯で一度は鼠経ヘルニア(脱腸)を発症する可能性があるとの研究報告もあり、私たちにとって身近な病気といえるでしょう。

今回は、「鼠径ヘルニア治療と経済的負担、日本の制度で安心」についてご紹介します。

高額療養費制度について

日本では、鼠径ヘルニアの治療を受ける際に保険適応と高額療養費制度を利用することができます。
この制度は、医療費が一定額を超えた場合に、その超過分の自己負担を軽減するためのものです。
鼠径ヘルニア手術も保険適応の治療の一つであり、手術費用の大部分が保険によってカバーされますが、高額な治療費がかかる場合、高額療養費制度を利用することで、患者の負担を大幅に減らすことが可能です。

高額療養費制度を利用するには、手術を受ける病院やクリニックで申請手続きを行います。
治療費が一定額を超えた場合、その月の医療費の自己負担額が上限額に達すると、超過分が後日還付されます。
この上限額は、患者の年齢や所得によって異なります。


鼠径ヘルニア手術を検討している場合、事前に保険適応の範囲や高額療養費制度の詳細を確認することが大切です。
医療機関の窓口や加入してる健康保険の担当窓口に相談することで、自分の状況に合った正確な情報を得ることができます。

まとめ

また、鼠径ヘルニアの治療にかかる費用は、手術方法や病院によって異なるため、複数の医療機関で情報を集め、比較検討することも重要です。
治療の選択肢や費用について医師と十分に話し合い、最適な治療法を選ぶことが患者の利益につながります。

この記事では、「鼠径ヘルニア治療と経済的負担、日本の制度で安心」についてご紹介しました。

Gi外科クリニックへご相談ください

鼠径ヘルニア専門クリニック「Gi外科クリニック」では、岡山院(岡山市)、京都院(京都市四条烏丸)、阪神院(西宮市西宮北口)で中四国、関西を中心に鼠径ヘルニアの患者さんを治療しています。

鼠径ヘルニアという病気は、放置しておくと時に命に危険が及ぶ「嵌頓(かんとん)」を起こす可能性があります。
そのため、鼠径ヘルニアの症状がある場合は痛みの有無に関わらず、早期治療をおすすめします。

鼠径ヘルニアの症状がある方はお気軽に当院を受診ください。

受診予約はこちらから

24時間365日受付中!

また受診はためらうけど症状が気になる方のための無料相談窓口も設けています。
無料相談窓口では、鼠径ヘルニアに詳しい当院の看護師がご対応致します。

気になることがございましたら、お気軽にご相談ください。

そけいヘルニア無料相談ダイヤル

通話無料 携帯OK
0120-070-615

受付時間/9:00〜16:00
(月曜〜金曜・土日を除く祝日)

この記事をシェアする