ブログ

鼠径ヘルニア

保険適応外?鼠径ヘルニアのロボット手術に迫る

こんにちは!
鼠径(そけい)ヘルニア専門クリニック「Gi外科クリニック」です。

当院では日々、鼠径ヘルニア(脱腸)の日帰り手術を行っています。
男性の3人に1人は一生涯で一度は鼠経ヘルニア(脱腸)を発症する可能性があるとの研究報告もあり、私たちにとって身近な病気といえるでしょう。

今回は、「保険適応外?鼠径ヘルニアのロボット手術に迫る」についてご紹介します。

鼠径ヘルニアの治療に使われる先端技術、ロボット手術について、そしてなぜ日本でこの手術が保険適応外とされているのかについてお話しします。
この話題は少し難しいかもしれませんが、中学生のみなさんにも分かりやすく説明しようと思います。

鼠径ヘルニアとは?


鼠径ヘルニアは、お腹の中の臓器や組織が腹壁の弱い部分を通って飛び出してしまう状態です。
特に、お腹と太ももの境目にある鼠径部で起こりやすいです。
運動中に急に痛みを感じたり、腹部に膨らみが見られたりすることがあります。

ロボット手術とは?

ロボット手術は、医師が直接手を使って手術を行うのではなく、特殊なロボットアームを使って手術を行う方法です。
この技術により、より正確で、より小さな傷で手術を行うことができ、患者さんの回復が速くなるというメリットがあります。

日本における保険適応の現状

日本では、ロボット手術はまだ保険適応外の治療法とされています。
これは、ロボット手術が非常に高度で高価な技術であるため、全ての医療機関で広く普及しているわけではないからです。
その結果、この手術を受ける場合、高額な自己負担が必要となることがあります。

なぜ保険適応外なのか?

ロボット手術が保険適応外とされる主な理由は、手術にかかる費用が非常に高いためです。
ロボット手術に使用される機器は非常に高価であり、また、この手術を行うためには特別な訓練を受けた医師が必要です。
これらのコストが保険適応となると、保険制度全体に大きな負担がかかってしまうため、現在のところは適応外とされています。

患者さんが知っておくべきこと

鼠径ヘルニアの治療でロボット手術を検討している方は、手術の費用や、手術後の回復期間、手術を行うことができる医療機関について、事前にしっかりと情報を集めることが重要です。
また、高額な医療費に備えるために、医療保険などの利用も検討すると良いでしょう。

まとめ

鼠径ヘルニアのロボット手術は、先進的な治療法でありながら、日本では保険適応外となっています。
手術を検討する場合は、費用や利用できる医療機関について、十分に調べておくことが大切です。
医療技術の進歩は目覚ましいものがありますが、それを利用するためには、様々な準備が必要だということを覚えておいてくださいね。
中学生の皆さんも、将来的に健康な生活を送るために、日々の生活で健康に関する知識を深めていってください。

この記事では、「保険適応外?鼠径ヘルニアのロボット手術に迫る」についてご紹介しました。

Gi外科クリニックへご相談ください

鼠径ヘルニア専門クリニック「Gi外科クリニック」では、岡山院(岡山市)、京都院(京都市四条烏丸)、阪神院(西宮市西宮北口)で中四国、関西を中心に鼠径ヘルニアの患者さんを治療しています。

鼠径ヘルニアという病気は、放置しておくと時に命に危険が及ぶ「嵌頓(かんとん)」を起こす可能性があります。
そのため、鼠径ヘルニアの症状がある場合は痛みの有無に関わらず、早期治療をおすすめします。

鼠径ヘルニアの症状がある方はお気軽に当院を受診ください。

受診予約はこちらから

24時間365日受付中!

また受診はためらうけど症状が気になる方のための無料相談窓口も設けています。
無料相談窓口では、鼠径ヘルニアに詳しい当院の看護師がご対応致します。

気になることがございましたら、お気軽にご相談ください。

そけいヘルニア無料相談ダイヤル

通話無料 携帯OK
0120-070-615

受付時間/9:00〜16:00
(月曜〜金曜・土日を除く祝日)

この記事をシェアする