ブログ

鼠径ヘルニア

鼠径ヘルニアの初期症状とは|足のつけ根のふくらみ、痛みなど特集!


男性の3人に1人がかかるとされる病気「鼠径ヘルニア」。

一般的に「脱腸」とも呼ばれる病気で、男性にとっては身近な病気です。

では、その鼠径ヘルニアですが初期症状にはどのような症状があるのでしょうか?

そこで、この記事では「鼠径ヘルニアの初期症状」を特集します。

鼠径ヘルニアの初期症状

鼠径ヘルニアの初期症状は、鼠径部に出るポコッとした膨らみ。


立ち上がったときや、重たいものを持ち上げたときに太ももの付け根からピンポン球のような小さくて柔らかいものが出ることがあります。

位置としては、太ももの内側の部分が膨らみます。膨らんだ部分の中身は、大部分が腸です。


鼠径ヘルニアの初期症状としては、この膨らみにより違和感を感じる患者さんが多いです。ただし、この初期症状の段階では痛みを伴わないことも少なくありません。

この膨らみですが、はじめのうちは横になって手で押すと正常な状態に戻ることが多く、そのため不安を感じながらも放置している患者さんが少なくありません。姿勢などにより症状が変化する点は、そけいヘルニアの症状の特徴の一つと言えます。

膨らみの大きさは人それぞれで、ピンポン球や鶏卵くらいに感じることもあります。

放置すると危険な鼠径ヘルニアの症状

鼠径ヘルニアの初期症状である太ももの膨らみですが、そのまま放置すると、手で押しても引っ込まなくなり、やがて痛みを伴うようになります。

さらに病態が進行すると、鼠径部に飛び出た腸が筋肉でしめつけられ戻らなくなる状態である「嵌頓(かんとん)」の発症の危険性が高まります。この嵌頓は、腸閉塞や腹膜炎などを起こしやすく、非常に危険な状態です。

ここまでくると緊急手術が必要になり、対応が遅れると命に危険が及びます。


鼠径ヘルニアの症状がある場合は早期治療が重要

このような危険な状態である「嵌頓」にならないためにも、早期の段階で鼠径ヘルニアの病気に気づき、医療機関を受診して治療することが重要です。

なお、次のような症状がある方は鼠径ヘルニアが疑われます。

【鼠径(そけい)ヘルニア チェックシート】

  • 足の付け根に柔らかいふくらみが出てくる(男性の場合は陰のうに症状が出る場合も)
  • 手で押し込んだり、横になると消えてしまう
  • なんとなく下腹部に違和感や不快感がある
  • 下腹部にときどき刺し込むような痛みがある
  • お腹が張っているような感じがする

この症状がすべて鼠径ヘルニアとは断定できませんが、チェックが多く付けば付くほど、鼠径ヘルニアの可能性は高くなります。

チェックシートの症状に思い当たる方は、早めに専門の医療機関の受診をおすすめします。

Gi外科クリニックへご相談ください

鼠径ヘルニア専門クリニック「Gi外科クリニック」では、岡山院(岡山市)、京都院(京都市四条烏丸)、阪神院(西宮市西宮北口)で中四国、関西を中心に鼠径ヘルニアの患者さんを治療しています。

鼠径ヘルニアという病気は、放置しておくと時に命に危険が及ぶ「嵌頓(かんとん)」を起こす可能性があります。
そのため、鼠径ヘルニアの症状がある場合は痛みの有無に関わらず、早期治療をおすすめします。

鼠径ヘルニアの症状がある方はお気軽に当院を受診ください。

受診予約はこちらから

24時間365日受付中!

また受診はためらうけど症状が気になる方のための無料相談窓口も設けています。
無料相談窓口では、鼠径ヘルニアに詳しい当院の看護師がご対応致します。

気になることがございましたら、お気軽にご相談ください。

そけいヘルニア無料相談ダイヤル

通話無料 携帯OK
0120-070-615

受付時間/9:00〜16:00
(月曜〜金曜・土日を除く祝日)

この記事をシェアする