ブログ

鼠径ヘルニア

マラソンランナーの隠れたリスク:鼠径ヘルニア

こんにちは!
鼠径(そけい)ヘルニア専門クリニック「Gi外科クリニック」です。

当院では日々、鼠径ヘルニア(脱腸)の日帰り手術を行っています。
男性の3人に1人は一生涯で一度は鼠径ヘルニア(脱腸)を発症する可能性があるとの研究報告もあり、私たちにとって身近な病気といえるでしょう。

今回は、「マラソンランナーの隠れたリスク:鼠径ヘルニア」についてご紹介します。

マラソンを楽しむ皆さん!
マラソンは体力と精神力を鍛える素晴らしいスポーツですが、適切な知識と対策がなければ体に様々な問題を引き起こす可能性があります。
今日は、マラソンランナーが特に注意すべき健康問題の一つ、鼠径ヘルニアについてお話しします。

鼠径ヘルニアって何?


鼠径ヘルニアは、お腹の内臓が腹壁の弱い部分から突出する状態です。
この状態は、腹部の下部、特に太ももの付け根付近で起こりやすいです。
マラソンランナーの場合、長時間の走行によって腹圧が上がり、このリスクが高まることがあります。

マラソンと鼠径ヘルニアの関連性

マラソンランナーは、長時間走ることで体に持続的なストレスがかかります。
特に長距離の走行は、鼠径部への反復的な負担となり得るため、鼠径ヘルニアのリスクを高めることがあります。
また、走る際の衝撃が腹部に圧力を加えることも、ヘルニアを引き起こす一因となります。

鼠径ヘルニアの主な症状

マラソンをしていて以下のような症状に気づいたら、鼠径ヘルニアの可能性があります。

  • 鼠径部の膨らみ:特に走っている時や走った後に目立ちます。
  • 痛みや不快感:運動中やその後に鼠径部に痛みを感じることがあります。
  • 活動時の違和感:何かが引っかかる感じや、動きにくさを感じる場合です。

鼠径ヘルニアの予防と対策

マラソンを安全に楽しむためには、以下の予防策が効果的です。

適切なウォームアップとクールダウン:運動前後には体をしっかりと準備し、筋肉の柔軟性と耐久力を向上させましょう。
筋力トレーニング:腹部と背中、鼠径部周辺の筋肉を強化することで、内臓をしっかり支え、ヘルニアのリスクを減らします。
適切なランニングフォームの維持:効率的な走り方を身につけることで、不必要な腹圧を避けることができます。
体のサインに敏感になる:不快感や痛みを感じたら、無理をせず、トレーニングを中止してください。

まとめ

マラソンは楽しいスポーツですが、身体への影響を真剣に考える必要があります。
特に鼠径ヘルニアは、適切な予防策と注意を払うことで管理可能なリスクです。
安全にマラソンを楽しむために、上記の対策を心がけてください。何か異常を感じたら、早めに医療機関で相談しましょう。
それでは、安全第一で走り続けましょう!

この記事では、「マラソンランナーの隠れたリスク:鼠径ヘルニア」についてご紹介しました。

Gi外科クリニックへご相談ください

鼠径ヘルニア専門クリニック「Gi外科クリニック」では、岡山院(岡山市)、京都院(京都市四条烏丸)、阪神院(西宮市西宮北口)で中四国、関西を中心に鼠径ヘルニアの患者さんを治療しています。

鼠径ヘルニアという病気は、放置しておくと時に命に危険が及ぶ「嵌頓(かんとん)」を起こす可能性があります。
そのため、鼠径ヘルニアの症状がある場合は痛みの有無に関わらず、早期治療をおすすめします。

鼠径ヘルニアの症状がある方はお気軽に当院を受診ください。

受診予約はこちらから

24時間365日受付中!

また受診はためらうけど症状が気になる方のための無料相談窓口も設けています。
無料相談窓口では、鼠径ヘルニアに詳しい当院の看護師がご対応致します。

気になることがございましたら、お気軽にご相談ください。

そけいヘルニア無料相談ダイヤル

通話無料 携帯OK
0120-373-615

受付時間/9:00〜16:00
(月曜〜金曜・土日を除く祝日)

この記事をシェアする