ブログ

栄養学

オレイン酸で悪玉コレステロールを撃退!自然の恵み、オリーブオイルについて


こんにちは、管理栄養士の尾上です。

ヘルシーオイルとして広く知られているオリーブオイル。
オリーブオイルは、善玉コレステロールの数値はそのままに、悪玉コレステロールの値を下げる効果があります。
カラダにうれしいオイルですね!
いつも使っている油、バターやマーガリンをオリーブオイルに置き換えてみるのもいいですね。

今回はそんな「オリーブオイル」について解説していきたいと思います。

オリーブオイルの栄養ついて


ほとんどの食用油の原料は種子ですが、オリーブオイルは果実が原料です。
その歴史はとても古く、人類が最初に手に入れたオイルとも言われています。
主成分として、悪玉コレステロールを減らす脂肪酸、オレイン酸を含んでいます。
善玉コレステロールは下げることなく、悪玉コレステロールだけを減らす働きがあり、動脈硬化、心疾患などの血管障害に効果が期待できます。
酸化しにくいので、加熱調理にも向いているのがうれしいポイント!
他にも、血糖値上昇の抑制、血圧を下げる効果もあるとされています。

また、オリーブオイルは、ビタミンA、ビタミンEを含んでいて、抗酸化作用が期待できます。
老化、免疫機能の低下に効果が期待できるので、若返りビタミンでもあります。

いろいろなオリーブオイル

オリーブオイルの中でも、搾ったままの、加工されていないものを「バージン」と言います。
中でも、特に品質の高いものを「エキストラバージン」と言います。
オリーブオイルには国際基準があり、風味や酸化の度合いでランク分けされています。
バージンオイルの中でも、各種検査され、高く評価されたものだけが「エキストラバージンオリーブオイル」と名乗ることができるのです。

ノンフィルター

ろ過されていないバージンオイルのこと。
香りが強く、苦みや辛みがあるのが特徴。
澱が多いので長期保存には向かない。

ピュア

精製されたオリーブオイルにバージンオイルを配合したもの。
香りはマイルドで、素材の風味を活かしたいときに使用するのが◎。

エキストラバージン

オリーブの実を搾っただけのオイルのこと。
酸度が低く、フレッシュな香りと豊かな風味が特徴的。

価格が高めな高級なエキストラバージンは、加熱するより、ドレッシングやバゲットにつけて香りを楽しむのがおすすめです。
ピュアは油っぽくならないので、焼き油、揚げ油に使用するのが◎。

オリーブオイルはヘルシーですが、オイルなのでカロリーは高いです。
量をたくさん摂るのではなく、今使っているオイルをオリーブオイルに置き換えるのがおすすめです。
今日の料理にオリーブオイルを取り入れてみてはいかがでしょう?

今回は「オリーブオイル」について解説しました。

この記事をシェアする