ブログ

鼠径ヘルニア

SILS-TEP法で変わる、鼠径ヘルニアの日帰り手術

こんにちは!
鼠径(そけい)ヘルニア専門クリニック「Gi外科クリニック」です。

当院では日々、鼠径ヘルニア(脱腸)の日帰り手術を行っています。
男性の3人に1人は一生涯で一度は鼠経ヘルニア(脱腸)を発症する可能性があるとの研究報告もあり、私たちにとって身近な病気といえるでしょう。

今回は、「SILS-TEP法で変わる、鼠径ヘルニアの日帰り手術」についてご紹介します。

SILS-TEP法について


SILS-TEP法(Single Incision Laparoscopic Surgery-Total Extraperitoneal)は、鼠径ヘルニアの治療法の一つで、特に日帰り手術に適しています。
この方法では、腹腔鏡を用いて腹部に一つの小さな切開を行い、鼠径ヘルニアを修復します。
SILS-TEP法の最大の利点は、従来の手術に比べて侵襲が少ないこと、術後の回復が早いこと、そして痛みが少ないことです。

この手術法は、腹膜を通らずに鼠径ヘルニアを修復するため、内臓器官への影響が少なく、術後の合併症のリスクも低減されます。
また、小さな切開口のため、術後の傷跡も目立ちにくいというメリットがあります。
SILS-TEP法は、特に身体的な負担を最小限に抑えたい患者や、早期に日常生活に戻りたい患者に適しています。

SILS-TEP法のメリットについて

日帰り手術としてのSILS-TEP法は、患者にとって大きな利点があります。
入院が不要であるため、患者の生活への影響が少なく、医療費の節約にもなります。
また、手術後は自宅でリラックスして回復することができ、家族との時間を早く取り戻すことができます。

まとめ

しかし、SILS-TEP法が適用できるかどうかは、患者の状態や鼠径ヘルニアの特徴によって異なります。
そのため、手術を検討している場合は、経験豊富な外科医と相談し、個々の状況に最適な治療法を選択することが重要です。

この記事では、「SILS-TEP法で変わる、鼠径ヘルニアの日帰り手術」についてご紹介しました。

Gi外科クリニックへご相談ください

鼠径ヘルニア専門クリニック「Gi外科クリニック」では、岡山院(岡山市)、京都院(京都市四条烏丸)、阪神院(西宮市西宮北口)で中四国、関西を中心に鼠径ヘルニアの患者さんを治療しています。

鼠径ヘルニアという病気は、放置しておくと時に命に危険が及ぶ「嵌頓(かんとん)」を起こす可能性があります。
そのため、鼠径ヘルニアの症状がある場合は痛みの有無に関わらず、早期治療をおすすめします。

鼠径ヘルニアの症状がある方はお気軽に当院を受診ください。

受診予約はこちらから

24時間365日受付中!

また受診はためらうけど症状が気になる方のための無料相談窓口も設けています。
無料相談窓口では、鼠径ヘルニアに詳しい当院の看護師がご対応致します。

気になることがございましたら、お気軽にご相談ください。

そけいヘルニア無料相談ダイヤル

通話無料 携帯OK
0120-070-615

受付時間/9:00〜16:00
(月曜〜金曜・土日を除く祝日)

この記事をシェアする