Gi外科クリニックで手術を受ける患者さんへ、手術を受けるうえで知っておいていただきたいことについてご案内します。

「手術の内容」「麻酔について」「手術前の過ごし方」「手術後の注意点」をご確認いただき、ご不明な点があれば、受診の際にスタッフまでお気軽にお問い合わせください。


Gi外科クリニックで行う手術の内容

Gi外科クリニックで行うそけいヘルニアの治療と手術の内容を10分の動画にまとめました。まずはこちらの動画をご確認いただき、Gi外科クリニックで行うそけいヘルニアの治療について把握下さい。




手術で用いる全身麻酔について

患者さんからお問い合わせの多い全身麻酔について5分の動画を制作しました。麻酔の効果や副作用など患者さんが気になる点を分かりやすくまとめています。こちらの動画についてもご確認をよろしくお願いします。




手術前の過ごし方

手術前の過ごし方について、患者さんからよくご質問をいただく内容や注意点を下記にまとめます。必ずご確認いただき、その内容に沿った生活を送るようにお願いします。

  • 手術前日まで食事は普通に取っていただいてかまいません。お酒は控え目にしてください。特にタバコは術中・術後の状態に悪影響を与えますので、手術日決定以降は必ず禁煙してください。
  • 起床時より絶食です。飲水(お茶、お水)は少量であれば手術3時間前までは可能です。
  • 来院はご自身の運転でもかまいませんが、術後帰宅時にご自身での運転は出来ません。そのため、公共交通機関のご利用か、出来ればご家族の方の付添をお願いします。


手術後の過ごし方

手術後の過ごし方について注意点を下記にまとめます。必ずご確認いただき、その内容に沿った生活を送るようにお願いします。

  • 院長から電話で経過を確認させて頂きます。気になることがあれば何でもご相談ください。この際、手術翌日の痛みを5段階評価でお聞きします。
  • 退院当日はシャワー浴程度、その後は普通に入浴可能です。お臍の傷には防水シートを貼っていますので心配はありません。
  • 傷の消毒は必要ありません。防水シートは次回受診日に剥がしますが、かゆみ等が辛い場合は、術後4日目にはご自身で剥がしていただいても問題ありません。(傷は48時間で閉鎖するというデータがあります)
  • 食事、トイレは通常通り可能です。
  • 個人差はありますが、手術翌日あるいは翌々日から職場や学校に復帰できます。(術後経過には個人差もあり、社会復帰の時期が遅れることもあります。)
  • 一般的に退院直後は激しい運動は控えて頂きます。激しい運動は手術後2週間くらいから身体の調子に合わせて始めてください。
  • 手術後は、原則として1週間・1か月・6か月後・12か月後に来院して頂きます。(遠方の方や通院が困難な方は、御相談させていただきます)。

以上の治療内容や手術における注意点をご確認いただき、その内容に沿った生活を送って万全な状態で治療を受けるようお願いします。ご不明な点がございましたら、お気軽にスタッフまでお問い合わせ下さい。


<Gi外科クリニックを受診する患者さんへの関連ページ>

※クリック・タップすると詳細ページへ移動します。

PAGE TOP