岡山院

Gi外科クリニック岡山院は、2015年4月に岡山県岡山市北区北長瀬で開院した”成人鼠径(そけい)ヘルニア”の専門クリニックです。

鼠径ヘルニア(脱腸)を専門に診療を行っているクリニックは、全国的にも限られており、Gi外科クリニック岡山院は開院以来、鼠径ヘルニアの治療領域で多くの実績を重ねてきました。

岡山院 治療内容

Gi外科クリニック_腹腔鏡手術

身体へのダメージが少ない治療

Gi外科クリニック岡山院では、より安全で再発や身体へのダメージの非常に少ない術式“単孔式腹腔鏡下鼠径ヘルニア根治術(SILS-TEP法)”を提供しています。

鼠径ヘルニア(脱腸)の従来の治療法は、鼠径部に約5cmの切開を加え、直視下で手術を行う鼠径(そけい)部切開法が主流でした。近年医療器具の進歩により、腹腔鏡(ふくくうきょう)を用いる術式も取り入れられるようになりました。
通常はお腹に3か所の穴を開け、鉗子(かんし)と腹腔鏡を挿入して行う術式が一般的ですが、この“単孔式腹腔鏡下鼠径ヘルニア根治術(SILS-TEP法)”はおへその中に一つの穴を空けるのみで行われる治療法です。

“単孔式腹腔鏡下鼠径ヘルニア根治術(SILS-TEP法)”は、従来の腹腔鏡を用いた治療法よりも身体へのダメージをさらに軽減することができます。inguinalhernia-overview_img3_pc

【参考情報:腹腔鏡手術とは】
お腹を数か所小さく切開し、カメラや鉗子、電気メス等を挿入し、カメラの映像見ながら行う手術。従来のお腹を切る開腹手術に比べ、傷口が小さく体へのダメージも少ないことが特徴。

日帰り手術で早期の社会復帰が可能

Gi外科クリニック岡山院では、日帰り手術で鼠径ヘルニアの治療を行っています。

近年、手術技術や医療機器の目覚ましい進歩により、当日に来院し、手術を受け、その日に帰宅できる“日帰り手術”が可能になっています。
この日帰り手術は、“早期の社会復帰が可能で仕事に支障が出にくい”、“日常生活のリズムを崩さず手術を受けられる”、“入院費が発生せず、医療費の負担が少なくて済む”などのメリットがあります。

Gi外科クリニック岡山院の手術日当日のスケジュールですが、例えば朝8時00分に来院された患者さんは昼の12時00分には帰宅することができます。クリニックの滞在時間は4時間と短時間です。
(帰宅後も24時間医師と連絡が取れる体制にしています。手術の後のフォローアップについてもご安心ください。)

日帰手術スケジュール

3,500件を超える治療実績

2015年4月の開院以来、Gi外科クリニック岡山院での鼠径ヘルニア(脱腸)の手術件数は、2021年12月末時点で3,500例を超え、近年では年間平均で700件以上となっています。
手術件数の多い病院を医学用語では「ハイボリュームセンター」と呼びますが、Gi外科クリニックがその医療機関にあたります。

この治療実績をご評価いただき、岡山院には岡山だけなく中四国、関西から患者さんが来院されます。

岡山院 医師紹介

director

理事長・院長
池田 義博
Ikeda Yoshihiro


yasukawa

医師
安川 大貴
Yasukawa Daiki


kawamotodr

医師
河本 洋伸
Kawamoto Hironobu

岡山院 診療時間

診療時間
8:30-12:00 手術 手術 手術 手術 手術
14:00〜18:00

※手術担当医:月~金/池田院長・安川医師・河本医師。
※外来担当医:月・水・金/河本医師、火・木/安川医師。
※土日を除く祝日は診療しています。

岡山院 クリニック情報

■岡山そけいヘルニア日帰り手術 Gi外科クリニック
〒700-0964 岡山県岡山市北区中仙道2丁目7番25号
※北長瀬駅から徒歩約10分・岡山ICから約18分・早島ICから約20分

■TEL.086-241-2100
受付/8:30~18:00(土・日休診 ※土・日を除く祝日は診療)
■Web予約:Gi外科クリニック 予約フォーム
■FAX:086-241-2110
■メール:info@gi-clinic.net

TOP