ブログ

鼠径ヘルニア

手術後の懸念、鼠径ヘルニアの合併症を理解する

こんにちは!
鼠径(そけい)ヘルニア専門クリニック「Gi外科クリニック」です。

当院では日々、鼠径ヘルニア(脱腸)の日帰り手術を行っています。
男性の3人に1人は一生涯で一度は鼠経ヘルニア(脱腸)を発症する可能性があるとの研究報告もあり、私たちにとって身近な病気といえるでしょう。

今回は、「手術後の懸念、鼠径ヘルニアの合併症を理解する」についてご紹介します。

鼠径ヘルニア手術

鼠径ヘルニア手術は、腹壁の弱い部分を修復し、内臓が飛び出すのを防ぐための一般的な治療法です。
この手術は多くの人にとって効果的な解決策ですが、いくつかの合併症が発生する可能性があります。
ここでは、これらの合併症とその対処法について詳しく解説します。

鼠経ヘルニア合併症の種類

  • 感染::手術部位が細菌に感染する可能性があります。適切な衛生管理と抗生物質の使用により予防することができます。
  • 出血: 手術中に出血するリスクがあります。ほとんどの場合、手術中に管理できますが、場合によっては追加の治療が必要になることもあります。
  • 神経損傷:鼠径部には多くの神経があり、手術中にこれらの神経が損傷すると痛みや感覚異常が生じることがあります。
  • メッシュの問題:ヘルニアの修復に使用されるメッシュが移動したり、身体に受け入れられなかったりすることがあります。
  • 再発:手術後にヘルニアが再発することがあります。これは、手術技術や患者の身体の状態によって異なります。
  • 予防と対処法:合併症のリスクを減らすためには、経験豊富な外科医に手術を依頼し、術前術後の指示に従うことが重要です。また、手術後は適切な休息を取り、医師の勧めるリハビリテーションを行うことが重要です。

まとめ

鼠径ヘルニア手術は一般的に安全な手術ですが、合併症のリスクを理解し、適切な準備とケアをすることが不可欠です。
万一合併症が発生した場合は、すぐに医師の診察を受けることが重要です。

この記事では、「手術後の懸念、鼠径ヘルニアの合併症を理解する」についてご紹介しました。

Gi外科クリニックへご相談ください

鼠径ヘルニア専門クリニック「Gi外科クリニック」では、岡山院(岡山市)、京都院(京都市四条烏丸)、阪神院(西宮市西宮北口)で中四国、関西を中心に鼠径ヘルニアの患者さんを治療しています。

鼠径ヘルニアという病気は、放置しておくと時に命に危険が及ぶ「嵌頓(かんとん)」を起こす可能性があります。
そのため、鼠径ヘルニアの症状がある場合は痛みの有無に関わらず、早期治療をおすすめします。

鼠径ヘルニアの症状がある方はお気軽に当院を受診ください。

受診予約はこちらから

24時間365日受付中!

また受診はためらうけど症状が気になる方のための無料相談窓口も設けています。
無料相談窓口では、鼠径ヘルニアに詳しい当院の看護師がご対応致します。

気になることがございましたら、お気軽にご相談ください。

そけいヘルニア無料相談ダイヤル

通話無料 携帯OK
0120-070-615

受付時間/9:00〜16:00
(月曜〜金曜・土日を除く祝日)

この記事をシェアする