当院について

当院は2015年4月に開院した、『成人そけいヘルニア』の専門クリニックです。 より安全で再発や身体へのダメージの非常に少ない術式“単孔式腹腔鏡下ヘルニア根治術(SILS-TEP法)”を日本で初めて“日帰り手術”として提供しています。
“手術=入院”の固定概念を良い意味で覆し、“日常生活の中で治療を完結させる”ことを使命とし、開院以来、2019年9月末までに1,939例の手術を行っています。

今後は、健康を願う人々に、日常生活の犠牲を最小限に抑え、QOL(Quality of Life:生活の質)を向上させる医療を提供したい。
スタッフ一同、この思いで鼠径ヘルニア日帰り手術に加え、抗加齢外来を立ち上げました。

“日常生活をより健康に、よりストレスを感じずに穏やかに過ごせる医療”の提供を目指します。

院長からの挨拶

医療法人Gi 理事長 池田義博です。
2019年10月、我々は新たな診療を開始します。
“抗加齢外来”です。
内容は、男性・女性の更年期障害に対する治療とオーソモレキュラー栄養医学の提供です。

我々は、2015年4月、日本で初めて腹腔鏡を用いた術式で、鼠径ヘルニアの日帰り手術を提供する専門クリニックとして誕生しました。
当時地方都市である岡山には、まだまだ“手術=入院”という固定概念がありました。日常生活が、手術そして入院で寸断される。ご本人、ご家族にとっても地域社会にとっても、この日常生活の分断は損失です。

開院以来、鼠径ヘルニアについて正しい情報、必要な情報を発信し続けてきました。そして開院5年目となった現在、約2,000人の鼠径ヘルニアの患者さんに日帰り手術を提供させて頂きました。
術後アンケートでは、「もっと早く治療を受けておけばよかった。」、「膨らみが無くなっただけで、日常生活がずいぶん楽になった。」等々の声を頂きました。
“日常生活の犠牲を最小限に”の思いで、日々患者さんに向き合ってきた結果がようやく芽を出してきたように思います。

しかし一方で、我々の提供する医療は鼠径ヘルニアだけなのか?日帰り手術だけなのか?といった疑問が沸き上がってきました。

ストレス社会、超高齢化社会、健康寿命等々の単語を聞かない日は無い現代です。
そんな毎日を人は皆、健康を願いながら生活しています。しかしながら病と無縁の方はいません。ある時は日々の暮らしを脅かすような大きな病に襲われることもあるでしょう。一方、生活を犠牲にするほどではないけれども、何となく悩ましい病もやっかいです。
これこそ“日常の生活が犠牲になっている”状態です。
開院以来追求してきた“手術=入院”の固定概念を覆すことで、“日常生活の犠牲を最小限に”との思いは、引き続き鼠径ヘルニアの日帰り手術で提供していきます。
今後は、“日常生活をより健康に、よりストレスを感じずに穏やかに過ごせる医療”の提供も目指します。

日帰り手術と抗加齢外来で、地域の方々の日常生活に寄り添いたい。
そんな思いで、我々医療法人Gi は次のステージに向かいます。
スタッフ一同、日々精進で頑張ります。今後ともよろしくお願いいたします。

医療法人Gi
岡山そけいヘルニア日帰り手術 Gi外科クリニック
池田 義博

院長 プロフィール

院長 池田 義博 Ikeda Yoshihiro

資格
医学博士
日本外科学会専門医
日本消化器外科学会認定医

所属学会
日本外科学会
日本消化器外科学会
日本臨床外科学会
日本ヘルニア学会
日本内視鏡外科学会
日本大腸肛門病学会
日本肺癌学会
日本短期滞在外科手術研究会

S.47年 香川県生まれ
H.10 3 高知医科大学 医学部 卒業
H.10 4 岡山大学医学部第一外科学教室
H.10 11 倉敷成人病センター 外科
H.13 11 香川労災病院 外科
H.15 5 広島市民病院 外科
H.16 4 岡山大学医歯学総合研究科消化器腫瘍外科大学院
H.18 9 三原赤十字病院 外科
H.21 4 倉敷成人病センター 外科
H.27 4 岡山そけいヘルニア日帰り手術 Gi外科クリニック 開院
H.30 4 岡山大学病院 消化管外科非常勤講師 ヘルニア外来担当

PAGE TOP