症例紹介

鼠径ヘルニア症例紹介|70代男性 右鼠径ヘルニア|2021年9月

このページでは、Gi外科クリニックで行った鼠径ヘルニアの手術(治療)の症例をご紹介します。

今回は2021年9月に右鼠径ヘルニアを発症する70代男性に対して行った、単孔式腹腔鏡下鼠径ヘルニア根治術(SILS-TEP法)・リヒテンシュタイン(Lichtenstein法)の症例を取り上げます。

治療背景

年齢:70代
性別:男性

診断:右鼠径ヘルニア
脱出のサイズ:鶏卵大
ヘルニア分類:M3

手術内容(治療内容)

手術日:2021年9月
病悩期間:1ヶ月以内
初診日から手術日までの期間:4週間
手術術式:単孔式腹腔鏡下鼠径ヘルニア根治術(SILS-TEP法)、 リヒテンシュタイン(Lichtenstein法)

手術記録(概要):
臍右に2cmの皮切を加えグローブ法でope開始。白線直下に5ml、それぞれ膨潤麻酔施行。

把持鉗子、剥離鉗子、ソノサージにて鈍的に脂肪組織を剥離しながらRetius腔にむけて剥離した。まず、虫垂炎術後の創下で腹膜前腔は強固に癒着していた。同様にRetius腔も癒着が強固で剥離困難だった。

Pinching methodで外側剥離を実施したが、内側の剥離が明らかに困難であった。正中から腹腔内に到達し、内鼠径ヘルニアの再発であることを確認。TEPでの継続は困難と判断し、閉創の後、鼠径部切開法に移行した。

前回の皮膚切開+内側に約2cm切開を追加するように皮膚切開を行った。
皮下は癒着が著名、外腹斜筋筋膜を同定、切開した。メッシュの腹側を十分に剥離した。精巣動静脈の内側よりヘルニア嚢の脱出を認めた。ヘルニア門周囲を十分に剥離した。

鼠径ヘルニア分類M-3型と診断した。

ヘルニア嚢を切開し、全周性に剥離、中枢側を1-0絹糸で二重結紮し、脱転した。

内側は腹直筋、尾側は恥骨、外側は鼠径靭帯を露出させ、ヘルニア門を3cm程度overlapするようにトリミングしたバリテックス・プログリップTMメッシュ(M)を使用しLichtenstein法にて後壁補強した。恥骨結節に2針、腹直筋に2針、鼠径靭帯に2針、頭側の健常組織に組織に2針、メッシュを全周性に固定した。

止血を確認し3層に閉創し、手術を終了した。

手術時間:117分
麻酔時間:214分
皮膚切開:2+5cm

※本症例紹介は、医療広告ガイドラインの広告可能事項の限定解除の具体的要件を満たすことにもとづき掲載しています。

関連記事

TOP