Gi外科クリニックは、開院して以降、そけいヘルニア(脱腸)の患者さんを多数治療させて頂きました。『なぜそけいヘルニアの患者さんにGi外科が選ばれるのか』、その理由についてご紹介します。


そけいヘルニア(脱腸)の専門クリニック

Gi外科クリニックは、2015年4月に開院した『成人そけいヘルニア』の専門クリニックです。そけいヘルニア(脱腸)を専門に診療を行っているクリニックは、全国的にも限られており、Gi外科クリニックは開院以来、そけいヘルニアの治療領域で多くの実績を重ねてきました。


早期の社会復帰が可能な日帰り手術

近年、手術や麻酔方法、医薬・医療機器の目覚ましい進歩により、当日に来院し、手術を受け、その日に帰宅できる文字通り「日帰り」の手術が可能になってきました。Gi外科クリニックでも、この日帰り手術での治療を行っています。

日帰り手術は、患者さんの日頃の生活リズムを大きく崩さず手術ができる利点があります。そのため早期の社会復帰が可能です。


身体へのダメージが少ない術式による治療

Gi外科クリニックでは、より安全で再発や身体へのダメージの非常に少ない術式“単孔式腹腔鏡下ヘルニア根治術(SILS-TEP法)”を提供しています。

そけいヘルニア(脱腸)の従来の治療法は、鼠径部に約5cmの切開を加え、直視下で手術を行う鼠径部切開法が主流でした。近年医療器具の進歩により、腹腔鏡を用いる術式も取り入れられるようになりました。

通常はお腹に3か所の穴を開け、鉗子と腹腔鏡を挿入して行う術式が一般的ですが、このSILS-TEP法はおへその中に一つの穴を空けるのみで行われる治療法です。そのため、従来の治療法よりも、身体へのダメージを軽減することができます。

従来の手術法 TEP法 SILS-TEP法

信頼のそけいヘルニアの治療実績

2015年4月の開院以来、Gi外科クリニックでのそけいヘルニア(脱腸)の手術件数は、2019年11月現在で2,050例を超え、近年では年間平均で500件以上となっています。手術件数の多い病院を医学用語では「ハイボリュームセンター」と呼びますが、Gi外科クリニックがその医療機関にあたります。

全国的にみた場合、平成29年度DPC全国統計では腹腔鏡下そけいヘルニア手術(両側)で患者数の最も多い病院は318人となっています。一方、Gi外科クリニックはそれを上回る421人の患者数で、全国でもトップクラスの治療実績となっています。


<Gi外科クリニック クリニック紹介 関連ページ>

※クリック・タップすると詳細ページへ移動します。

PAGE TOP