そけいヘルニアという病気は、手術でしか治療できません。

ヘルニアバンドや脱腸帯などを使われる方もおられますが、これは圧迫して脱腸するのを防ぐのみで、その圧迫を解除すれば再び脱腸が発生します。手術までのつなぎの役割にしかならないということです。

ではそけいヘルニアの治療である手術については、どのような方法があるのでしょうか?

今回はそけいヘルニアの治療について具体的にご紹介していきます。


早期の社会復帰を可能とする腹腔鏡法

そけいヘルニアの手術には、大きく分けて2つ方法があります。

一つは鼠径部に5~6cm切開をする鼠径部切開法です。もう一つは腹腔鏡を用いる腹腔鏡法です。腹腔鏡法は、手術による身体へのダメージが少ないため、早期の社会復帰が可能と言われています。

Gi外科クリニックでは、患者さんの身体へのダメージを考慮して腹腔鏡法を採用しています。


より安全でより身体への負担が少ない術式“単孔式腹腔鏡下ヘルニア根治術”

Gi外科クリニックが採用する腹腔鏡法においても、2種類の方法があります。

まず一つ目は腹腔内(お腹の中)に入り、腹膜(内臓を包む膜)を開けて腹壁を修復する方法(TAPP法)です。近年の報告(2013年)では、そけいヘルニアの腹腔鏡下手術の約75%はこの方法です。

二つ目は、腹腔内には入らず、腹腔外で腹壁を修復する方法(TEP法)です。TEP法はそけいヘルニアの腹腔鏡下手術の約25%となっています。
なお通常の腹腔鏡下手術では3つの穴(1cm以下)を開けてカメラと専用の鉗子類を用いて操作を行います。

Gi外科クリニックでは、より安全でより身体への負担が少ない術式を検討し、通常の腹腔鏡法をもう一段階進化させました。それが、お臍の中に1カ所だけ穴をあけて手術を行う、“単孔式腹腔鏡下ヘルニア根治術(SILS-TEP法)”です。


患者さんの早期の社会復帰を目指すための治療

Gi外科クリニックでは、日帰り手術のみを提供します。

日帰り手術を可能とするには、低侵襲性(体へのダメージが少ないこと)と安全性がより一層担保される必要があると考えています。腹腔鏡下で行うそけいヘルニアの手術は低侵襲性から早期の社会復帰が可能と言われています。

そして、そけいヘルニアそのものが、腹壁が弱くなって発生する病気です。よって腹腔内操作(内臓に触れてしまうお腹の中での操作)を必要とせず、腹壁内のみの操作で弱くなった部分を含む腹壁を広く補強できる術式であるTEP法、そして、より低侵襲化を目指した“単孔式腹腔鏡下ヘルニア根治術(SILS-TEP法)”が患者さんの早期の社会復帰に最も適していると考えました。

Gi外科クリニックは、患者さんの早期の社会復帰を目指して“単孔式腹腔鏡下ヘルニア根治術(SILS-TEP法)”を日帰り手術として提供するクリニックです。


<そけいヘルニアの関連ページ>

※クリック・タップすると詳細ページへ移動します。

PAGE TOP