そけいヘルニアという病気の治療手段は、手術のみです。

手術ときくと“治療費用は高額”という印象をおぼえます。実際にGi外科クリニックを受診されるそけいヘルニアの患者さんも、治療費用についてはとても気にされます。ただし、そけいヘルニアの手術においては高額療養費制度を活用することができ、患者さんの負担を抑えることもできます。

今回はそけいヘルニアの手術の費用について、具体的にご紹介します。

※ご注意ください。
患者さんの年齢や保険の負担割合、症状により費用は個人差があります。ご了承ください。



そけいヘルニアの手術費用は年齢と保険の負担割合によって異なります

Gi外科クリニックで行うそけいヘルニアの手術費用は、年齢と保険の負担割合によって違います。

例えば70歳以上の患者さんで保険の負担割合が1割の場合、診察や検査費用が約6,000円、日帰り手術費用が約18,000円、 自費分で約5,000円となり、診察から手術までの合計で約29,000円です。

同じく70歳以上の患者さんで2割負担の場合は、診察や検査費用が約8,000円、日帰り手術費用が約18,000円、 自費分で約5,000円となり、診察から手術までの合計で約31,000円となります。

年齢を問わず保険の負担割合が3割の患者さんは、診察や検査費用が約11,000円、日帰り手術費用が約120,000円、 自費分で約5,000円となり、診察から手術までの合計で約136,000円となります。


このように3割負担の患者さんは、手術費用の負担が大きくなりますが、そけいヘルニアの日帰り手術は保険適用なので高額療養費制度を利用することができて年収などの条件により減額となる場合があります。

※高額療養費制度は年齢や所得などの条件により減額となる場合があります。



医療費の家計負担の軽減をはかる高額療養費制度

高額療養費制度とは医療費の家計負担が重くならないよう、医療機関や薬局の窓口で支払う医療費が1か月で上限額を超えた場合、その超えた額を支給する制度です。この医療費の上限額は年収により決まっています。

分かりやすく事例をあげてみていきましょう。

例えば、40歳で年収が350万円の患者さん(Aさん)は、ひと月に支払う医療費の自己負担限度額の上限は57,600円です。

このAさんが、ある月にある病院で治療費が10万円かかってしまいました。しかし、このAさんの自己負担限度額は57,600円なので、自己負担限度額を超えた42,400円が加入する健康保険機関から支給されます。つまり、治療に10万円かかっても患者さんが実際に負担する費用は57,600円ですみます。

これが高額療養費制度です。

※医療費の上限額は所得により決まっています。
※70歳以上の方は高額療養費制度の申請の必要はありません。



3割負担の患者さんのそけいヘルニア手術費用

ここからはさきほど取り上げた患者さん(Aさん)をもとに、保険の負担割合が3割負担の患者さんが、高額療養費制度を使用してGi外科クリニックで手術した場合の費用についてご紹介します。

例えばこのAさんが、3月にGi外科クリニックの診察を受け、翌月4月に手術をしたと仮定します。Aさんは70歳以下で保険の負担割合は3割です。そのためGi外科クリニックでの手術費用は約12万円です。

ただし、このAさんの高額療養費制度による自己負担限度額は57,600円です。そのため、4月に受けた手術費用12万円のうち自己負担限度額57,600円を上回る63,400円については健康保険機関から支給されることになります。

最終的にAさんのGi外科クリニックでのそけいヘルニアの治療費用は、手術費用(自己負担限度額57,600円)に診察や検査費用の11,000円、自費分の5,000円を足した7万3,600円となるわけです。


【高額療養費制度の詳細は内容は下記をご確認ください】
高額療養費制度について


そけいヘルニアの日帰り手術は“健康保険がきかない”というイメージがありますが、Gi外科クリニックのそけいヘルニアの手術は保険適用です。そのため、高額療養費制度が利用できます。

そけいヘルニアの手術に関する費用で不明なことは、ご来院時に遠慮なくおたずねください。



動画で分かる!そけいヘルニアの手術費用

Gi外科クリニックでは、そけいヘルニアの手術費用をより正しく理解していただくために動画を製作しました。

動画についても、ご参考いただければと思います。



<そけいヘルニアの関連ページ>

※クリック・タップすると詳細ページへ移動します。

PAGE TOP