専門医が答える鼠径ヘルニアQ&A

鼠径ヘルニアで、病院を受診された方はいますか。
どのように診察、治療をされましたか。

まず、鼠径ヘルニアは手術でしか治せない病気です。

当院では初診時に視触診(患部を見たり、触って診察します)と超音波検査を行います。これでほぼ確定診断がつけれます。

鼠径ヘルニアと確定すれば、病状と治療方針(手術の具体的なお話)を説明いたします。

ご納得いただき、手術の方針となれば、術前検査として心電図、血液検査、胸部レントゲン検査、呼吸機能検査を行います。

鼠径ヘルニアは良性疾患ですが、放置し嵌頓(かんとん)という状態になれば危険な病気です。

※嵌頓:飛び出した腸が戻らなくなり、腸への血流が途絶え、最終的には腸が腐ってしまい、腹膜炎に至る可能性が高い状態です。

嵌頓

当院では患者さんのご都合と相談し、最短で手術を受けて頂けるように調整します。

<関連ページ>

※クリック・タップすると詳細ページへ移動します。

FEATURED POSTS

  1. Gi外科クリニック ブログ

    鼠径(そけい)ヘルニアの初期症状について…

  2. Gi外科クリニック_ブログ

    鼠径(そけい)ヘルニアと脱腸|その病態について…

  3. Gi外科クリニック_ブログ

    鼠径(そけい)ヘルニアになりやすい人|男性の3人に1人がかか…

PAGE TOP