専門医が答える鼠径(そけい)ヘルニアQ&A

数日前から左足の付け根辺りが痛く、力が入らくなり、足が上がらなくなったので病院に行きました。
脱腸と診断されましたが、症状が軽いので手術はしなくていいとのことでした。
本当にしなくてよいのでしょうか?

鼠径ヘルニアは鼠径部(太ももの付け根)から内臓(多くは小腸)が飛び出す病気です。最初は親指程度の膨らみでも、放置すれば段々大きくなります。

鼠径ヘルニアは良性疾患ですが、嵌頓(かんとん)と言って飛び出した腸が戻らなくなると、腸への血流が途絶え、飛び出した腸が壊死(腐る)し、大変な状態になることもあります。

手術でしか根治できない病気ですが、嵌頓に至る前であれば日帰り手術も可能な病気です。
是非早めにお近くの外科を受診してください。

<関連ページ>

※クリック・タップすると詳細ページへ移動します。

PAGE TOP