専門医が答える鼠径(そけい)ヘルニアQ&A

【陰嚢のヘルニアの再発】
2年前に右側の鼠径ヘルニアの手術を受けました。
しかし最近、左側の陰嚢にふくらみが出てきました。
これは一般的なことですか?

鼠径ヘルニアは鼠径部(太ももの付け根)から内臓(主に腸)が皮下に飛び出してくる病気です。

鼠径部は画像のように左右の太ももの付け根ですので、右側、左側、共に発症します。なかには両側が飛び出してくる、両鼠径ヘルニアという状態の患者さんもいらっしゃいます。

質問者様のように、片方の鼠径ヘルニアの手術を受けた後に、もう片方の鼠径ヘルニアが発症することはあり得ます。
なぜなら、人間は基本的に左右対称ですので右の鼠径部が弱い方は、左の鼠径部も弱い可能性があり、左の鼠径ヘルニアが発症することは不思議ではありません。

ちなみに、この場合は再発とは言わず、対側発症といいます。
対側発症された場合も手術が必要となります。

<関連ページ>

※クリック・タップすると詳細ページへ移動します。

PAGE TOP