Gi外科クリニックでは、岡山市、倉敷市在住の患者さんを中心に痔核の治療を行っています。当院の痔核の治療では、肛門にメスを入れない最新の注射療法『ALTA療法(ジオン注射法)』を用いて行います。


痔核とはどんな病気?

肛門部の疾患を大きく分けると、『痔(痔核)』、『切れ痔』、『痔瘻』の3種類があります。最も頻度が高いのが『痔(痔核)』で約半数を占めます。



痔核はどのような症状?

痔核には2種類あります。一つは内痔核です。これは、歯状線(直腸と肛門の境目にあるギザギザの歯並びのような線)よりも上(口側)にできます。もう一つは歯状線より下(肛門側)にできる外痔核です。

内痔核は、痛みを伴わず排便時に出血したり肛門から脱出して気づかれることが多いようです。外痔核は肛門上皮にできるため痛みを伴います。内痔核の進行度は腫れ、脱出の程度により四段階に分類されます。(Goligher分類)

【I度】
排便時に肛門管内に膨らんでくくる程度の痔核。脱出、痛みはなく排便時に出血することが多い。


➢主な治療法:保存療法

【II度】
排便時に肛門外に脱出するが、排便後には自然に肛門内に戻る。出血があり、痛みも出てくる。


➢主な治療法:手術療法

【III度】
排便時に脱出し、指などで押し込まないと戻らない痔核。


➢主な治療法:手術療法

【Ⅳ度】
常時肛門外に脱出したままの痔核で、指で押し込んでも戻らない。硬くなり、痛みも出血もなくなる。粘液がしみだして下着が汚れる。


➢主な治療法:手術療法

皮膚に爪が食い込んだ部分に細菌感染が起こると『爪周囲炎』といわれる状態になります。さらに症状が進むと膿がたまり、歩けないほど痛くなるのが『爪周囲膿瘍』です。


痔核の治療法は?

内痔核の治療には保存的治療(薬物療法)と硬化(注射)療法、手術療法があります。治療法は症状に合わせて選択します。軽度のものは保存的治療が原則で、内服薬と外用薬(軟膏、坐薬)を用います。同時に日常生活の改善で多くの場合は改善します。

しかし、進行し痔核が大きくなり肛門から脱出したり戻りにくくなった場合は、硬化療法や手術療法の適応となります。実際に手術適応となる方は10~20%程度です。

内痔核の手術方法は、痔核を切除し縫い合わせる方法が一般的です。しかし、術後の疼痛が強く、出血の可能性もあるため入院治療が必要です。

当院では、肛門にメスを入れない最新の注射療法『ALTA療法(ジオン注射法)』を日帰り手術として提供しています。この治療法の導入によって従来、手術適応となっていた患者さんにとって手術負担の軽減、日帰り手術による早期の社会復帰が可能となり生活の質(QOL:Quality Of Life)向上が期待できます。


ALTA療法(四段階注射法)

脱出を伴う内痔核に『ジオン注』という注射薬を注入(四段階注射法)し、痔核に流れ込む血流を減らし、痔を硬くし粘膜に癒着・固定する治療です。

治療は20~30分ほどで終了し、痔核を切り取る手術と違い術後の痛み、出血もわずかです。この治療法は、四段階注射法の講習を受け、資格を有した医師しか行えないことになっています。

PAGE TOP