女性更年期障害とは

「更年期」とは、閉経の前後5年(約10年間)の時期です。50歳すぎに閉経する方が多く、一般的に45歳~55歳頃が更年期にあたります。 更年期の症状が出始めるのは、卵巣機能が落ちてきて月経が不順になり出す40代後半と言われています。
更年期になると、様々な不快な症状を感じるようになります。が、ほとんどの方は自分なりの対処をして、日常生活を送っています。
ただし、症状がひどく日常生活に支障が出る方の場合は治療が必要になります。
以下に記載する症状が深刻化し、正常な生活が送れなくなった状態を『更年期障害』といいます。

更年期障害の症状

・体がほてる
・汗をかきやすい
・すぐイライラする
・手足の痛み
・憂鬱になる
・くよくよする

・寝つきが悪い、眠りが浅い
・肩こりや腰痛
・頭痛、めまい、吐き気
・息切れや動悸がする
・腰や手足が冷えやすい
・疲れやすい

更年期障害の原因

女性は更年期が近づくと、徐々に卵巣機能が衰え、ホルモン分泌の乱れが起こります。その結果、「更年期症状」が現れます。

日常生活の変化がきっかけで発症するケースが多いようです。
若い頃は対応出来ていた環境や生活の変化が、ホルモンバランスが崩れてくると、心身ともに不安定になり、うまく対応することが難しくなり、更年期障害を引き起こすことがあります。
また、発症のしやすさは、性格も関係します。
真面目・融通がきかない・ネガティブ志向の方は要注意です。

更年期障害には自然治癒力を高める「プラセンタ療法」が有効

プラセンタの利点として「自然治癒力」の増大があります。
体の不調を慢性化させない副作用の少ない医薬品として注目されています。
また、厚生労働省により更年期障害に対する保険適用が認められています。

「プラセンタ療法」とは

「プラセンタ」とは英語で「胎盤」という意味です。
胎盤は母親の胎内で10ヶ月間で、受精卵を平均3kgまで育てるという驚異的な働きをもっています。
胎盤は、世界中で古くから注目されており、昔から多数の漢方薬にも配合されてきました。
胎盤から抽出された有効成分を、注射や内服などにより服用し治療に用いることが「プラセンタ療法」です。
プラセンタは胎盤から抽出される自然薬のため比較的、副作用も少なく、さまざまな薬理作用を持っています。
更年期障害に有効な自律神経やホルモンのバランス調整、免疫・抵抗力を高めたり、 新陳代謝を促進など数え上げたらキリがないほどの作用を期待できます。

プラセンタの薬理作用

プラセンタの薬理効果に対する研究は数多く成されております。ここでは、確認されている幾多の有効な作用を紹介します。

・自律神経調整作用
・免疫賦活作用
・抗アレルギー作用
・基礎代謝向上作用
・抗疲労作用
・血行促進作用

・内分泌調整作用
・強肝作用
・乳汁分泌促進作用
・肉芽形成促進作用
・活性酸素除去作用
・抗炎症作用
・抗貧血作用
・体質改善作用
・抗突然変異作用

プラセンタ注射を受ける時の注意点

・皮下注射をするため、通常の注射より痛みが強いです。
・体質により体にむくみが出ることがあります。
・体質によりアレルギー症状が出ることがあります。
・効果に即効性がありますが、持続性はありません。継続的な注射が必要です。
・献血ができなくなります。
※プラセンタ注射自体に害はありませんが、献血による輸血製剤、血液製剤には厳重な規定があるため、現在のところ暫定的にこのような決まりになっています(輸血を受けることは可能です)。

当院の使用プラセンタ

当院のプラセンタは、メルスモン製薬株式会社の『メルスモン』を使用しています。

プラセンタ療法(保険診療)

保険診療 対象

・性別:女性
・年齢:45歳~59歳
・初診の診断結果で『女性更年期障害』と判断された方
・1回の診察につき1本のみ(2本以上ご希望の場合、全額 自由診療(保険適用外)となります。)
・週1回、毎週、診察に来れる方
・施術は週3回、月15回までとなります

保険診療 料金

・初診( 問診料・薬価・手技料込み)… 980円
・ 2回目以降 ( 問診料・薬価・手技料込み) … 510 円

PAGE TOP