男性更年期障害(LOH症候群)とは?

男性にもある更年期障害

男性の方で、のぼせや動悸(どうき)、集中力が続かない、体がだるい、やる気がしないなど、心身ともに最近調子が悪いという方はいらっしゃいませんか?
そのような症状がある方はもしかしたら、LOH症候群(加齢男性性腺機能低下症候群)の可能性があります。
LOH症候群とは、男性に起こる「更年期障害」です。
更年期障害は女性特有の病気ではありません。働き盛りの30歳代後半~50歳代の男性に起こる可能性を秘めている病気なのです。
更年期障害は極度なストレスや環境の変化をきっかけに発症します。
若いころには対応ができた環境の変化に、年齢とともに心身ともに対応できないときに起こります。職場での責任や子どもの教育問題など様々なストレスが大きく影響し、体の不調や、不眠、全身倦怠感(けんたいかん)、うつ症状など、心身共に不調を訴える人も少なくありません。
更年期を迎えるとホルモン低下は避けられないため体の変化が起こります。
体の不調は重大な病気のサインの可能性もありますので、「最近調子が悪い」と感じている方は、一度ご相談ください。

男性更年期障害(LOH症候群)の原因

重度のストレスや環境の変化により、血液中の男性ホルモン(テストステロン)が 急速に減少し心身ともに追い付かなくなったことがきっかけで起こります。
男性ホルモンの分泌が急速に減少したとき、男性更年期障害(LOH症候群)の症状が現れやすくなります。
また、年齢を重ねるとともに徐々に男性ホルモンが減少している場合にも、更年期症状が少しずつ現れてくることがあります。 更年期症状の詳しい内容は以下に記していますので心当たりのある方は、一度、診療を受ける事をおすすめします。

主な症状

  • ほてり
  • めまい
  • のぼせ
  • 耳鳴り
  • 冷え
  • 呼吸困難
  • 動悸
  • 発汗
  • 不眠などの睡眠障害
  • 全身倦怠感(けんたいかん)
  • 頭痛

  • 頻尿
  • 不安
  • 性欲低下
  • うつ
  • 勃起力低下
  • イライラ
  • 物忘れ
  • 筋肉量の低下
  • ひげが薄くなるなどの体毛の変化

男性更年期障害(LOH症候群)チェックリスト

※以下のチェックリストは、WEB予約フォームでも入力していただきます。

症状なし軽い中程度重い非常に重い
点数
総合的に調子が思わしくない
ひどい発汗がある
睡眠の悩みがある
よく眠くなる
イライラする
神経質になった
不安感(パニックになる)
身体の疲労や行動力の減退がある
筋力の低下がある
憂鬱な気分だ
絶頂期は過ぎたと感じる
力尽きた、どん底にいると感じる
髭の伸びが遅くなった
性的能力が衰えた
朝立ちの回数が減少した
性欲が低下した
合計点

全ての項目の合計の点数が高いほど、男性ホルモンが低下している可能性が高い状態です。

17~26点異常なし
27~36点 軽度
37~49点 中程度
50点以上 重度

これはあくまで問診評価です。
点数が低くても、2つ以上当てはまれば男性更年期障害の可能性も考えられますので注意が必要です。

治療方法

男性更年期障害(LOH症候群)の治療方法はいくつかありますが、男性ホルモン( テストステロン )注射や、塗布や漢方薬などが効果的です。
当院での治療方法として、男性ホルモンを増幅させるため、テストステロン注射を筋肉注射にて行います。
男性更年期障害(LOH症候群)の症状を確認するため、まずはご予約時の診断チェックシートと初診にて採血による検査と症状を確認し、定期的な治療をさせていただきます。

※男性ホルモンが前立腺癌を悪化させる可能性もありますので、念のために治療開始前、治療中も採血にて、前立腺癌の腫瘍マーカーである前立腺特異抗原(PSA)を測定します。

テストステロンとは

テストステロンとは、男性の精巣で作られる男性ホルモンのことです。
テストステロンは、生殖器やヒゲ・体毛といった二次性徴の発育や、筋肉や骨格を作る際にも重要な役割があります。
また、テストステロンは社会性ホルモンとも呼ばれています。
脳の認知能力や、決断力・判断力、自信や自主性・積極性などを高める働きも期待されています。

テストステロン治療(保険診療:3割負担)

初診(血液検査料込):3,910円
再診:640円

PAGE TOP